スティーブンタイラーに学ぶ色遣いの楽しさ

スティーブンタイラーに学ぶ色使いの楽しさ
steven tyler

Steven Tyler (Aerosmith)

 

11月7日にエアロスミスが11年ぶりのニューアルバムを出しました。

 

今日はそれだけです(笑)

 

一応デザインについては、上のヴォーカルのスティーブン・タイラーのファッションを見てください。

スゴイ色が使われているのにまとまっていて、カッコイイです。

すごいです。

プロの方はスタイリストさんが付くと思いますが、スティーブン・タイラーはファッションが好きで日本にライブで来る時も、原宿とか言ったり、服を良く買うそうです。

 

配色にも理論はあるかと思いますが、やはり色々な良い色遣いを見たり、参考になる物をみて感覚も養わないとたくさん発想は出てこないですし、理論とか勉強だけではつまらないですよね。

 

スティーブンタイラーも音楽作りで、どうすればこの音が出るか、など基本的な理論は大切にしつつ、すごく感覚を大事にしているそうです。

納期などが決まっているデザインの現場の場合では、感覚だけでは仕事として難しい部分もありますが、理論と感覚を上手く使っていけたらいいですね。

 

とにかくニューアルバム聴きまくります!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS: