デザインアイデアは言葉からか感覚からか

デザインアイデアは言葉からか感覚からか

デザインのアイデアはどうやって考えますでしょうか。

人それぞれ決まったやり方があるのでしょうか。

 

言葉からデザインアイデア

デザインはお仕事としてやる事が多いと思うので、

いつ思いつくかもわからない感覚だけに頼っていては納期を守れないかもしれませんし、自分自身が不安です。

 

最初に渡されるテーマや決まり事によって、取っ掛かりも変わってくると思いますが、

たとえばテーマが「春」と決まっていた場合、春にまつわる事や言葉をノートに書き連ねたりするかもしれません。

マインドマップはそういう時によく使えます。

 

 

真ん中にテーマを置きそのテーマに関する事柄をひたすら書いてはまたその言葉を発展させて木の枝みたいにどんどんアイデアが広がっていきますが、それを一枚の絵で把握できるし、

アイデアがどんどん出てくるという意味では便利だと思います。

 

上記のように言葉で、50~100個とかアイデアを出せばある程度は淘汰されていってこれがいい!っていうアイデアに辿り着けると思いますし、

思いつかないっていうことは、ある程度なくなるかと思います。

 

言葉と感覚

ただ自分はスクールに通っている時にまた生意気にも、この「言葉からデザインを考える」という方法は手段というかスキルというのか、武器としてスゴイ良いと思ったと同時に、

他の人とアイデアが被る可能性が高くなると感じました。

(もちろんお仕事としてコンスタントにアイデア出し、デザイン制作するにあたっては使うべきだと思いまます)

 

またぼやーっとした感じで申し訳ないですが、みんな努力家で100個くらい言葉やアイデアが思いついて、その中からこれがいいって。大体みんな同じような言葉やアイデアに辿り着きそうだと。

 

じゃあアーティスト気取りで感覚で考えるのかというのかと。

 

デザインはアートとは違うから感覚が悪、ではなくどこかの段階で感覚で見たいという事です。

論理的にこうだからこうって作ったデザインは何か不自然になったりつまらなくなったりする事が自分はあったりする気がします。

デザインて見る人は、最初に見た感覚もまずはやっぱり重要だったりすると思いますし。

デザイナーが一番言ってはいけないといわれる「何となく良い」を作る訳じゃなく、「何となく良い」 をちゃんと説明できる上で、おおって思えるモノ。

 

論理だけでとか感覚だけではなく。

自分が持っているビジネス書にも書いてあったのですが、論理的だけや感情的だけでと偏る事なく、かといって感情と論理の半々でもなく、

どちらかに重心をおきつつもう一方も考える感じで。

 

 

最近デザインをしていないので、何か作りたいです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS: