アートとデザインの違い

アートとデザインの違い

デザインを始める時に最初によく言われる事があります。

それはアートでデザインは違うという事。

それくらいその違いがあやふやで始めようとする人が多いからだとは思います。自分自信も、いざ作り始めると今も勘違いしている部分があるのかなと思います。

自分も最初スクールの授業で何人かの先生に言われました。

 

ざっくり言うとアートは自分の考えだとか自分が表現をしたいもの。どちらかというと自分の主観的な考えや感覚を表現する事。

極端な言い方をしてしまうと、見る人がそのアートの良さを分かる人は分かるし、分からない人は分からない。またはどう感じるかは見る人に委ねる。

 

デザインはクライアント(または自分)の意図をより多くのユーザーに伝え、その後行動してもらう事。

デザインの言葉の意味が「計画」というように、そのデザインを見ている人または触れたりする人にこういう風に行動してほしいと予め計画されたモノという意味が強いです。

 

アートもデザインも仕事としてやった事のない自分にはもっと奥深い本質についてはおそらくわかっていませんが、今の自分は上記のように考えています。

 

どちらも絵的なものを取り扱うので、最初に誤解する人が多い事から、

「アートとデザインは違う」と教え込まれる。

念を押されるんだと思います。

 

でもアートをやる人もデザインをやる人も、お互いにどちらからも学ぶ部分はあるだろうし、

そこまで頑なに全然違うんだって切り離したくもない気持ちが自分にはあります。

デザインを仕事でやる上ではもちろんしっかりと分かり易くユーザーに伝える事が肝心ですが。

 

興味ある方は下記の他サイトさんも覗かれてみるといいかもしれません。

WEBクリエイターボックスさん:「アートとデザインの違いは?」

 

こちらの記事は個人的に歯切れが良くて面白かったです。

ジェフリー・ゼルドマン:スタイルVSデザイン

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
    None Found