何も考えずにタイトルの文字色を決める方法

何も考えずにタイトルの文字色を決める方法

今日は写真などに入れるタイトルなどの文字色を決める方法について。

何だかすごく上から目線のタイトルになってしまいました。

 

文字色を決める基本

今回は写真などの中に入れる文字の色についてです。

これも絶対では無いのですが、

一般的に無難なのが、写真やイラストがあればその中の色を文字色に使えば馴染むという事です。

今回はそれだけです。分かり易いです。

 

ちょっと例を作ってみます。

sunrise

sunrise

Photoshopで写真から文字を拾えるので、(スポイトツール)

今回は太陽のところから文字の色を決めました。(sun rise 2012 07 31)

 

サクっといい感じのを作るつもりが、

いざ実際やると文字の場所をどこにするとか、

フォントを何にするとか考え出しそうになってしまって、こだわるとキリがないです。

今回は文字の色の話なので、こうやればハマルのにー、と思う方我慢してください。

とりあえずは文字の色はそれなりにハマっているかと思います。

 

ほぼ出来レース的な例の次は、もう一つ例を作りました。

 

underground

underground

 

左下の「under ground」がタイトルです。

写真をフワーっと見て頂くと、エメラルドに近い水色が印象に残る写真だったので、

水色にしました。

 

一応一枚目よりは色が複雑そうなのを選んだつもりですが、

楽しくなってきてしまって文字にドロップシャドウまで入れてしまいました。

逆に文字が写真に馴染んでしまって分かりづらくなってしまったかもしれませんので、

目立たせたい場合は、一部文字をでかくするとか色を変えたりなど工夫をして目立たせます。

 

あとがき

ちなみに写真によっては全体的にキツイ色がたくさんある写真に、文字を入れなくてはいけない場合はとりあえず白を入れてみるのがおすすめです。

どんな色を試しても、文字が埋もれてしまう場合は逆に真っ白にするとそこの部分が抜けて、一番目立つようになる場合があります。

 

今回は文字の色についてでしたが、

やはりここでも色以外に文字の位置であったり、フォントの種類など様々な要素が合わさって、意図したイメージに合っているかが重要になります。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS: