アートとデザインの違い2

アートとデザインの違い2

本日は最近あるデザインについての記事を読んだ自分なりの感想です。

時間がありましたら皆さんも元記事を読んでみてください。

ジョン・マエダの考える「デザインを超えるもの」

 

ジョン・マエダさん。

あまり有名デザイナーを知らない自分でも名前は雑誌などで何とか知っていました。

デジタルよりなデザイナーさん(?)というイメージです。

 

もう一つ先のデザインについて考える

先日、「アートとデザインの違い」についての記事を書かせていただきました。

デザインとアートを混同してはいけないという定説となっているような内容でした。

最後に個人的な意見として、

デザインとアートの混同はしてはいけないですが、

アートからも学ぶ部分はあるのではという事を生意気にも書かせていただきました。

それに関して少し近い部分もある記事でしたので今回ご紹介させていただきます。

 

デザインと価値観

今回のこのジョン・マエダさんの見解についての記事では、今まで当たり前となっている「デザインは目的達成の為」という部分はもちろん必要ですが、それだけではユーザーには足りないのではという問いかけの記事です。

ユーザーにとって使いやすいとかそういう部分はもちろんですが、そこに「どう生きるかなど価値観を思い出させるものが必要」との事。

 

これだけだと意味がわかりませんが、記事の中の例としてスティーブジョブスが挙げられています。

スティーブジョブスにはある大きな価値観があり、その価値観を元に商品を作っていた。その価値観に共感してる人が彼の商品を買っている。

これはアーティストが自分の考えや主張を元に作ったアートを売ってそれに共感する人が買う。

まさにある意味アートの考えでもあります。

 

あとがき

ユーザーの視点で使いやすく、分かり易く。

これはもちろんこれからも大事な部分ですが、作る人がそれぞれ違うように、そのデザインもそれぞれ違ってきます。

同じ使いやすいでもどういう考えで作ってるのか、どういう人が作っているのか、

価値観はそれぞれで。

 

こういう話は視点や考えようによっていろいろな意見があるかもしれないので、自分の文章能力ですと誤解などを招き易いですが、今後時々考えてみたいテーマです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
    None Found