WEBデザインの勉強方法

designstudy01

今日はWEBデザインの勉強方法について書いていきたいと思います。

 

ホント、デザイナーじゃないのによくこんな偉そうなタイトルの記事を書けるなーと思います笑

自分が多少なりとも勉強してきた経験から書いていきます。

 

私の場合はデザインスクールで1年ほど勉強しました。

最初から独学でもできる人も全然いると思いますが、何もわからない最初の時はどう勉強したらいいかまったくわからず、ちゃんと基礎から先生に教えてもらいたいという安心とかの為にも自分みたいにスクールに入って勉強する方法もあります。

スクールの良い点として他には自分が気になる事とかをすぐに聞ける方が近くにいるし、適切なアドバイスとかをいただけるので、やっぱり現役でやっていらっしゃる方がいるというのはとても良い環境です。

 

デザインは手数もやはり勉強になるので、いろんなコンペに出すとか。

(一度スランプみたいになった時があり、その月のコンペ全てに応募するというむちゃぶりを先生からしていただいた時がありました)

 

またスクールの授業の時間は限られているので、その後に自分でもっと勉強していきたいと思った事は本を買ったりして勉強してました。

 

ここで自分が勉強していた当時にお世話になった本を紹介していきます。

今はもっといい本が出てるかもしれませんが。

 

今日はデザインの基礎を知りたいという時の本のご紹介。

(実践的なものというよりデザイン要素の理論的な内容の本のご紹介となります。

サッカーでいうとトラップの練習みたいなモノでゆくゆく役にたつ内容です)

 

 

「視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン」

視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン

 

我らが南雲大先生の本。(スクール時代の先生です)

全然厚さはない本なのですが、無駄な言葉が一切なく、大切な事だけが凝縮して書かれた本です。

結構昔の本なのですが、地に根の生えた時代に左右されない大事な事が書かれているのでいつ見ても為になります。

 

上の本をもう少し現代に寄せた事例で分かり易くした本が下の本です。

 

「Design Elements 実例でわかるデザインの法則」

この本は凄い好きです。

分かり易いし事例もかっこよさ気ですし1冊あると勉強になります。

 

他にもデザイン以外でjQueryだとかのおすすめ本あったはずですが、

また紹介させていただける機会ありましたら。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加